夏バテかと思ったら?見直してみよう、室温と食生活。

身体と心の健康に必要な、正しい休息のススメ

なんだか猛暑日が多いような気がするここ数年の夏。仕事を終え、暑くてムシムシした通勤電車に揺られ、帰宅すると部屋からモワッと熱気が吹き出してきてゲンナリ。そんなときは思わず部屋のエアコンの温度を下げてガンガンにつけてしまいますよね。そして、つめたーく冷えたビールを飲み、そうめんで晩御飯をさっと済ませ、さっとシャワーを浴び、ひんやりした部屋で気持ちよく眠りについて・・・
翌朝、ぐっすり寝たつもりが、なんだかだるい。夏場なので夏バテと勘違いしがちなその状況。原因は「自律神経の乱れ」のようです。

だるさの原因は自律神経の乱れ

本来、夏は自律神経の中で交感神経が優位に働き、血管をひろげて体内の血液循環を良くして体から熱を逃がそうとします。ですが、冷房で体を冷やすことにより、副交感神経が優位に働きはじめます。夏場よくある「室内は寒いのに、屋外は猛暑」という状態を一日のうちに何度も繰り返し、挙げ句眠るときも体を冷やし続けてとどめを刺す。そうなると、交感神経と副交感神経が混乱し始め、自律神経のバランスを乱して体の不調につながっていくのです。暑い屋外と涼しい屋内の行き来は生活上止む得ないことだと思いますので、まずは眠るときの室温を見直してみましょう。

眠るときに最適な室温はどのくらい?

睡眠時の適切な室温は25~26℃と言われ、それより室温が低いと体が冷えてしまいます。※1逆に温度が高すぎると、寝苦しくて寝返りを打つ回数が増え、安眠を妨げますし、なにより熱中症になる危険があります。適切な室温を基準に、自分の体調が良い室温を探してみましょう。また、朝まで冷房をかける…というのも体を冷やし続けて体に負担がかかるばかりか、屋外に出たときとの寒暖差で体への負担がかります。なので、およそ4時間でタイマーが切れるようにするのが良いとされます。それじゃ暑い!という方は、扇風機やサーキュレーターを使用して空気を循環させて、体の表面の温度を下げてみてください。

なお、意外と盲点なのが「湿度」です。除湿モードにするとムシムシした不快感はたしかに減りますが、逆に空気が乾燥しすぎて喉や鼻の粘膜が乾燥して不快になり、快適な睡眠を妨げますし、なにより夏風邪の原因となります。湿度は50%ほどに保ちましょう。

他にもできる、翌朝の「だるい」を解消する対策

睡眠時の室温の調整以外でも、だるさを解消する方法はあります。

軽い運動で汗をかく

暑い屋外から涼しい室内に入ると体は急激に冷やされます。そうなると、毛穴が縮んで汗をかきにくくなります。すなわち、暑くても汗が出にくい体になってしまいます。ランニングなどで、軽い運動で汗をかきましょう。運動をする場合、気温の下がった朝か夕方がおすすめです。

お風呂はシャワーで済ませず湯船に浸かる

シャワーだけでは体の表面のみ暖まるだけで、冷房で冷えきった体の芯は温まりません。湯船に使ってゆっくり体を温めてあげましょう。なにより、湯船に浸かることでリラックスできます。

温かいものを食べる

暑くて食欲が無いからと、そうめんなど冷たい麺をさっと食べるだけという方がいますが、消化器官を冷やすと消化器官の動きが低下します。また、麺類はのどごしが良いのでよく噛まずに飲み込んで、消化に時間がかかってしまいます。それでは眠るまでに消化が進まず、胃に食物が入った状態では消化器官が休まらず、体に負担がかかってしまいます。なるべく暖かいものを食べるようにしましょう。

飲みすぎ厳禁、ビールは水分ではありません!

暑いからとつい飲みすぎてしまうビール。ビールをはじめとしたアルコールは、分解の段階で体内の水分を大量に消費するため、体内が水分不足に陥ります。
眠る前にアルコールを飲むときは、飲みすぎないように。また、飲んだ場合は水分をとりましょう。

冒頭で例をあげた「暑い屋外から帰宅し、エアコンをガンガンにつけて、つめたーく冷えたビールを飲み、そうめんで晩御飯をさっと済ませ、さっとシャワーを浴びる」という生活は、体に負担をかけることばかりですよね。

思い当たるフシがある方は、少しずつでも改善していくのはいかがでしょう?
それでは!

※1日本睡眠化学研究所「良い睡眠の条件」
https://www.nishikawasangyo.co.jp/company/laboratory/topics/03/

おすすめ商品

オンラインショップで購入

店舗からもご購入いただけます

下記の店舗一覧より
お近くの店舗でお求めください

お買い求めいただける店舗一覧

このサイトをシェアする

CLOSE
CLOSE