筋トレと有酸素運動はどっちが先?組み合わせ方は?

あなたの筋トレを徹底サポート!

筋肉量も増やしたいし、脂肪も落としたい…そんなとき、筋トレと有酸素運動はどのように組み合わせるといいのでしょうか?これらの効果的な組み合わせ方、順番、具体的な方法について解説します。

脂肪燃焼には「筋トレ→有酸素運動」

筋肉をしっかりつけ、余計な脂肪を落とした体を手に入れたい…そんな目標を持ってトレーニングされている方も多いのではないでしょうか。
筋肉量は落とさず脂肪量を落としたいときは「筋トレ→有酸素運動」の順番がおすすめです。筋トレで筋肉をつけると、基礎代謝が高まり、運動していないときにも脂肪分解を高める効果が期待できます。
このとき、有酸素運動を組み合わせることによって、脂肪燃焼効率の促進につながります。

有酸素運動を行うタイミング

筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。子供のうちは背を伸ばすために必要なホルモンといわれますが、成人の場合筋肉や骨、皮膚を強くする作用があります。
この成長ホルモンが大量に分泌されることで血糖値が上がり、体脂肪が分解されて血中に放出された遊離脂肪酸を燃焼します。つまり、成長ホルモンが十分に分泌された状態で有酸素運動を行うことは、脂肪燃焼を狙うときにとても効果的なタイミングといえます。

有酸素運動のあとに筋トレをしたとき

それでは有酸素運動を先にしてしまうとどうなるでしょうか?筋温を上げ、ウォーミングアップの要素で行う軽めの有酸素運動であれば影響はありませんが、息が上がるほどの長時間の有酸素運動はおすすめできません。
なぜなら、瞬発的なトレーニングに対応できる筋肉のエネルギーが不足している状態では、適切な負荷がかけられなくなる可能性があるからです。十分な負荷がない状態での筋トレは筋肉への刺激も少なくなるため、筋肉をつける目的にもいい影響を与えるものではありません。

具体的な組み合わせ方

まず、筋力トレーニングを適切な負荷をかけながら行い、その後軽めのウォーキング・水泳(水中ウォーキングなど)・バイクなど有酸素性の運動を行います。
このとき、頑張れば頑張るほど脂肪が燃えるかもしれないと、息が上がるほど強度を上げるのは控えましょう。かえって無酸素状態となり、脂肪が燃えにくくなる可能性があります。

脂肪は「ややきつい」と感じる中強度の運動において燃焼率が高まります。10分ほど続けていると汗ばむほどの強度であることが目安です。トレーニング後10分ほどのウォーキングでも十分効果が得られます。

減量をしたいときは有酸素運動を多めに

減量をしたい人の場合では有酸素運動をメインにするのがおすすめです。
成長ホルモンが脂肪燃焼を促すのはもちろんですが、短時間で終えられてしまう筋力トレーニングは減量に必要なエネルギーを消費しにくいです。筋力トレーニングをしながらも有酸素運動を中心に行い、減量に相当するエネルギー消費量を確保することが必要です。
過体重の場合では体への負担も大きくなります。運動を始めるときに適切な種目・負荷を設定したうえで筋力トレーニングも無理のない強度で取り入れ、継続的に行うことを習慣にしていきましょう。

まとめ

今まで思うように筋肉が付かず、脂肪がなかなか減らなかったのは、実は順番が違っていた、筋肉を効果的に動かせていなかった、といったことが原因なのかもしれません。
正しい順番と組み合わせによって、見た目が変わり、効果がよりはっきりと現れてくると、トレーニングへの張り合いがより一層高まることでしょう。

あなたにおすすめ

『トレーニング動画一覧』

プロアスリートが実演するトレーニング動画です。筋力アップ、回復ストレッチ、体幹を鍛える持久力トレーニングなど、目的別のトレーニングを紹介します。動画を観ながらアスリートと一緒に実践できる内容になっているので、モチベーションアップにもつながりますよ。詳しくはこちら(ブランドサイトへ)

オンラインショップで購入

店舗からもご購入いただけます

下記の店舗一覧より
お近くの店舗でお求めください

お買い求めいただける店舗一覧

このサイトをシェアする

CLOSE
おいしさと健康 glico POWER PRODUCTION あなたの目的は? 目的達成のために選ばれているプロテイン&サプリメント
CLOSE
おいしさと健康 glico POWER PRODUCTION 目的達成のために選ばれているプロテイン&サプリメント