Column なるほどコラム

知られざる牧場しぼりの誕生秘話《ミルクへのこだわり編》
「牧場で食べるようなミルクのおいしいアイス」は、
こうして生まれた。

「牧場しぼり」の知られざる開発秘話では、商品が生まれたきっかけや、今年、実施したリニューアルのポイントなどを公開します。
最後には重大発表もありますよ♪

牧場で食べるアイスから発想した、「牧場しぼり」。

みなさんは、牧場で販売されているアイスを食べたことがありますか?フレッシュで濃いミルクの味わいが、とってもおいしいですよね。実は、「牧場しぼり」が生まれたきっかけも、開発担当者が牧場で食べたアイスに感動したからなんだとか。牧場で食べるようなミルクがおいしいアイスを届けようとアイデアが生まれ、試行錯誤の末、2002年に元祖・牧場しぼりとなるアイスが完成しました。

当時から変わらない、「牧場しぼり」に込めたこだわりって?

牧場しぼりには、当時から今まで、ずっと変わらないこだわりがあるそうです。それは、主原料にしぼったままのミルクを使っていること!ぜひ、商品パッケージの原材料名を見てみてください。先頭に「生乳」と書いてあるはずです。

生乳とは、牛乳になる前の「搾取したままのお乳」のこと。

ちなみに、原材料名は使用量が多いものから並ぶことを知っていますか?実は、牧場しぼりのパッケージには、「生乳」が必ずトップに書かれています!牛からしぼった新鮮な「生乳」が、たっぷりと使われているんですよ♪

こだわりは、それだけではありません!新鮮なミルクのおいしさを、そのままアイスに閉じ込めるために、鮮度の工夫も行っているんです。
アイスに使うミルクはすべて、工場の近くにある牧場から調達。
アイスに加工されるまでの時間を、極力短くしています。
なぜ、これだけ新鮮な生乳にこだわるのかというと、時間が経てばたつほど、ミルク本来の味わいが損なわれてしまうから。
そこで、牧場しぼりは「しぼってから3日以内」のミルクを使っているのです。
ミルク本来のおいしさが、ぎゅっと詰まっているんですね♪

2020年3月、牧場しぼりが新しくなった!

「牧場しぼり」が生まれ変わって、 新鮮ミルクのおいしさをまるごと閉じ込めた味わいに!

開発チームがこだわったのは、牧場で食べるアイスのような、フレッシュでやさしいミルクのコクと余韻。実現のために研究、試作を繰り返しました。
そしてできあがったのが新しくなった牧場しぼり<味わいミルク>。
低い温度でしっかり練り上げる製法だから、なめらな口どけでミルクのコクもアップ。
なめらかでコク深いやさしい味わいにぜひ癒されてくださいね。

※2017年3月公開記事
※2020年3月更新

SHARE Facebook twitter
トップへ戻る