ビスコのひみつを探る!ビスコWEB工場見学 どんなひみつが隠されてるかな?

ビスコはどうやって作られてるの?
ビスケットがサクサクな理由は?などなど、
ビスコのいろんなひみつを
WEB工場見学で深田恭子さんと一緒に探ろう!

ビスコの歴史ビスコの歴史

ビスケットの生地をつくるビスケットの生地をつくる
小麦粉や砂糖、食塩などの
原料を混ぜ合わせて生地を練ります。
できあがった生地は少し寝かせて
なじませます。
生地をローラーで伸ばす生地をローラーで伸ばす
ビスケットの生地を
ローラーで伸ばし、
薄い生地を
何層にも重ねていきます。

さあ、出発!

ビスコのひみつ01

サクサク感がポイント!ビスケットへのこだわり。
ビスコがサクっとおいしい理由は、焼き方の工夫にあります。生地をそのまま焼くのではなく、ローラーでシート状に伸ばした生地を、何枚も重ね、高温で一気に焼き上げます。ビスケットに生地の層をつくることで、サクサクとしたソフトな食感が生まれるのです。ビスコの味わいは、実は定期的に見直され、時代と共に、より口どけよく進化しています。

ビスコの形に型を抜くビスコの形に型を抜く
シート状になった生地から、ビスコの形に
型を抜きます。表面の模様をいれるものと、
型抜き用の二つがあります。

ビスコのひみつ02

大人にも嬉しい栄養がいっぱい!
ビタミンB1、B2やビタミンDにカルシウム…
ビスコには、お子様だけでなく、大人にも嬉しい栄養成分がたっぷり。
例えばカルシウムは成人女性の一日に必要な摂取量の
約1/3も摂ることができるのです。
ビスコは、みんなの「もうひとがんばり」を
健康面からも応援します!

オーブンで焼き上げるオーブンで焼き上げる
生地の状態を確認しながら
オーブンで一気に
焼き上げます。

ビスコのひみつ03

機械には真似できない品質チェック!
ビスケットは同じ作り方でも原料やその日の気温などの微妙な違いで、
焼きあがりが大きく変わります。その変化は、まるで生き物。
だから、ビスコは、人の目と手で生地の状態をしっかりチェック。
機械では真似ができないレベルで、調整を重ね、
いつも同じおいしさを実現しているのです。

クリームをサンドするクリームをサンドする
別の部屋でつくっていた
クリームを
ビスケットに乗せて
機械で正確にサンドしていきます。

おいしいだけじゃないんだね!

ビスコのひみつ04

腸で目を覚ます!?特別な乳酸菌が1億個!
ビスコのクリームの中には、なんと1億個の乳酸菌が入っています!(5枚あたり)
しかもこの乳酸菌は、胃酸に負けない「スポロ乳酸菌」。胞子に守られ眠ったまま腸に届き、腸内で目覚めて働きます。

スポロ乳酸菌について詳しく知る

包装して箱詰め包装して箱詰め
でき上がったビスコを
小分けに包装して
箱に詰めていきます。

完成まであともう少し!

さあ、出発!

生地を重ねて作るんだ!

2種類の型を使い分けてたんだ!

おいしいだけじゃないんだね!

わあ、すごい!頼りになるね!

完成まであともう少し!

ビスコのひみつ01

サクサク感がポイント!ビスケットへのこだわり。
ビスコがサクっとおいしい理由は、焼き方の工夫にあります。生地をそのまま焼くのではなく、ローラーでシート状に伸ばした生地を、何枚も重ね、高温で一気に焼き上げます。ビスケットに生地の層をつくることで、サクサクとしたソフトな食感が生まれるのです。ビスコの味わいは、実は定期的に見直され、時代と共に、より口どけよく進化しています。

ビスコのひみつ02

大人にも嬉しい栄養がいっぱい!
ビタミンB1、B2やビタミンDにカルシウム…
ビスコには、お子様だけでなく、大人にも嬉しい栄養成分がたっぷり。
例えばカルシウムは成人女性の一日に必要な摂取量の
約1/3も摂ることができるのです。
ビスコは、みんなの「もうひとがんばり」を
健康面からも応援します!

ビスコのひみつ03

機械には真似できない品質チェック!
ビスケットは同じ作り方でも原料やその日の気温などの微妙な違いで、
焼きあがりが大きく変わります。その変化は、まるで生き物。
だから、ビスコは、人の目と手で生地の状態をしっかりチェック。
機械では真似ができないレベルで、調整を重ね、
いつも同じおいしさを実現しているのです。

おいしさのためにはいろんな努力があるんだね!

ビスコのひみつ04

腸で目を覚ます!?特別な乳酸菌が1億個!
ビスコのクリームの中には、
なんと1億個の乳酸菌が入っています!(5枚あたり)
しかもこの乳酸菌は、胃酸に負けない「スポロ乳酸菌」。
胞子に守られ眠ったまま腸に届き、
腸内で目覚めて働きます。

スポロ乳酸菌について詳しく知る

スポロ乳酸菌

ビスコの「スポロ乳酸菌」※とは?ビスコの「スポロ乳酸菌」※とは?

ビスコに入っている乳酸菌は、有胞子性乳酸菌である「スポロ乳酸菌」。クリームの中では、胞子に守られて眠っています。
普通の乳酸菌は胃酸に弱いので胃の中でほとんどが死んでしまいますが、スポロ乳酸菌は酸に強い胞子に守られているため、生きたまま腸に届きます。
腸に届いたスポロ乳酸菌は、胃酸や体温の刺激で目を覚まし、体に良い腸内細菌のサポートをはじめます。
※胞子【Sporo(スポロ:独語)】を作るという特徴から、グリコでは「スポロ乳酸菌」と呼んでいます。

普通の乳酸菌 スポロ乳酸菌 比較図

※胞子【Sporo(スポロ:独語)】を作るという特徴から、
グリコでは「スポロ乳酸菌」と呼んでいます。

閉じる閉じる

ビスコの工場見学、いかがでしたか?小さなビスコの中は、おいしさや元気のためのこだわりがいっぱい。みなさんを応援したいというグリコの想いがつまっています。今度ビスコを食べる時にはちょっと思い出してみてくださいね。ビスコの工場見学、いかがでしたか?小さなビスコの中は、おいしさや元気のためのこだわりがいっぱい。みなさんを応援したいというグリコの想いがつまっています。今度ビスコを食べる時にはちょっと思い出してみてくださいね。

深田恭子さん

他のビスココンテンツはこちらから! Other Contents他のビスココンテンツはこちらから! Other Contents

  • 【ビスコ もうひとがんばりキャンペーン】ビスコオリジナル「ペアポーチ」プレゼント
  • 朝ビスコはじめました。新発売!ビスコシンバイオティクス
  • Stretch Movie もうひとがんばり! ストレッチムービー

  • Share!
  • Twitter
  • Facebook
  • LINE

PageTop